快適なドライブのために

フィアット500のレーダー探知機取り付です。

DSCN3124

テクノアートでは、レーダー探知機やドライブレコーダーの取り付けを行っております。

一般的にレーダー探知機は、シガーライターから電源を取り出す製品ですが、外車の場合はシガーライターから電源をとってしまうと、常に電源が入りっぱなしの状態になってしまうことが多いです。それを避けるために、色々な電源取り出し方法がありますが、今回は車両診断カプラーのOBDⅡから電源を取る仕様です。

DSCN3123

上の写真のようにレーダー探知機とOBDⅡカプラーを接続するための、専用アダプター配線があります。国産車用OBDⅡアダプターは簡単に入手可能なのですが、外車用のOBDⅡコネクターは一般には入手不可能です。

DSCN3122

最近のレーダー探知機は、このOBDⅡアダプターを使うことで、エンジン回転数やスピードなどの車両情報をモニターできるなど、機能が多彩になっています。

レーダー探知機やドライブレコーダーの取付け、その他の用品の取り付けは、お気軽にテクノアートにご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加